こんな占い師には相談しない~毒にやられないために

ご縁をいただき、このホームページをご覧いただいている皆さまには、明るく温かい気持ちで日々を過ごされ、幸せになっていただきたいと願っております。辛い時には、あなたを大切に想い、見守ってくれている家族や友人、仲間に、まずは話してみませんか?あなたを利用しようと近づいてくる人ではなく、普段から変わる事なく、あなたを応援してくれる人の言葉に、きちんと耳を傾けてほしい。そんな風に思います・・・。

人には選択の自由があり、何が正しいのかを断言することはできませんが、私がお勧めしたいのは、占い師が相談者を導くのではなく、あなたが占い師を活用して、結果とアドバイスを判断し、今後の決断をされる事です。

アドバイス

あなたはどちらを選択しますか?

「相談相手にあなたの過去や未来を言い当ててもらい、今後、何かあるたびに判断を相談相手に委ねる。」あるいは、「現状と今後気をつけるべき点を知り、自分で決断をして、あなたの希望を叶えながらより良い未来を創っていく!」

占いを上手に活用するために、下記をチェックしてみてください。
 

ポイント 相談相手のチェック

占いの毒にやられないために、こんな占い師には相談しない【チェックリスト】

相談相手として避けたほうが良い人

  • あなたを、自分のためにコントロール(支配・誘導)しようとする人
  • 未来の恐怖心をあおる人
  • あなたがマイナスの気持ちになってしまう人、落ち込ませる人
  • 運の悪い人、不幸な人
  • 未来の不幸予測し、お金で解決しようと勧める人
  • あなたに、疎外感や罪悪感を与える人
  • 現在あなたと同じ境遇にあり、同じように悩みを抱え、乗り越えていない人

 

相談相手として相応しい人

  • あなた自身の感情と意志、決断を尊重してくれる人
  • あなたと同じ悩みや苦しみを乗り越え、現実的な、問題の解決方法を提案できる人
  • 運の良い人
  • プラスの気持ち(元気、笑顔、明るい気持ち、やる気が出る・・・)になれる人
  • 必要な時間と費用が明確である事
  • 人を大切にしており、人からの信頼が厚く、成功をしている人
  • 自分の経験や想いをきちんと言葉にでき、多くの人に発信をしている人

 

どんなに占いの経験があっても、あなたの可能性は無限大であり、占い師が未来を決定できるものではありません。占いの経験も大切ですが、相談者の悩みや葛藤、苦しみを真に理解できるための、様々な問題を乗り越えてきた実体験のほうが大切だと思いませんか?

沙紀のオープンタロットでは、カードを開いた瞬間から、次の展開は新しく変化してゆくと説明しています。人の心や気持ちはどんどん移り変わり、感情も変化してゆくものです。

悪い結果を信じるのではなく、悪い結果を回避するための努力の方向性をきちんと教えてくれる人に相談をしてください。また、良い結果だからといって、精進努力を辞めてしまっては、せっかくの良い未来が暗転してしまいます。そして、あなたの望む結果ではなく、あなたが幸せになるための方向性をきちんと示してくれる相手に相談をするように心がけましょう。結果によっては、少々辛い思いをするかもしれませんが、勇気と希望を同時に与えてくれる、運気の良い相手が理想です。

占いの毒とは、占いに頼って何度もリーピートをしてしまうことだけではありません。占いの結果次第で、叶うかもしれない夢や希望を簡単に諦めたり、慢心をして努力を放棄し、せっかくの良い運気を自ら落としてしまうといった事を「占いの毒」と私は呼んでいます。こういったマイナス面もきちんと認識をしておきましょう。

リーティング

ポイント 相談前の準備

占いの毒にやられないために、こんな占い師には相談しない【チェックリスト】
  • 相談内容をきちんとまとめておきましょう
  • 予算をきちんと決め、必ず、時間と費用を事前に確認しておきましょう
  • 23時~5時までの時間帯を避けましょう
  • 薄暗くおどろおどろしい空間を避け、明るく穏やかな場所を選びましょう
  • 相談可能な内容かを確認しましょう
  • 相手先(人、場所、団体・組織など…)について、再度、調べてみましょう
  • 同じ相手に、同じ内容で同じ相談を繰り返していないかを振り返りましょう

ポイント 占い(占術)にも得意・不得意がある

占いの毒にやられないために、こんな占い師には相談しない【チェックリスト】

占いにも得意・不得意分野がある事をご存じでしたか?

例えばタロットは、数年先などの遠い未来や、その人の生まれ持った特徴や人生全般を見る事を苦手とします。遠い未来や、自分の生まれ持った特徴など、人生の全般的な事を知りたい場合には、紫微斗数や四柱推命、西洋占星術といった占術が得意とする分野です。

例えば、「AとBのどちらが良いのか?など、二者択一で迷ってしまった場合」や、「現在の状況と直近の未来を知りたいといった場合」に力を発揮するのがタロットです。このままの状態で進んだ場合、どのようになっていくのかを総合的に判断でき、今現在、このような状況になっている原因を、深堀りする事なく知る事も可能です。内容が具体的になればなるほど、はっきりとした答えを導きやすくなる特徴があります。

例えば、「いつ恋人ができますか?」「転職はできるでしょうか?」といった漠然としたご質問の場合、恋人や転職ができない原因や、どのようにすれば恋人や転職ができるのかのアドバイスは可能ですが、直近の未来に恋人や転職の兆しが無い場合には、漠然としたリーディング結果となりがちです。それよりも「気になる人がいるのですが、相手はどのように思っているでしょう?」とか、「転職をすべきか迷っているのですが、やっぱりこのまま会社をつづけるべきですか?」といった具体的な質問のほうが、ご参考にしていただけるリーディング結果を導きやすくなります。

ポイント タロットの得意分野

占いの毒にやられないために、こんな占い師には相談しない【チェックリスト】
  • 現在の状況と直近3カ月~6カ月程度の未来の展開を知る事ができます
  • 悩みや迷いをピンポイントで素早く解決するためのアドバイスが得られます
  • 今後どのようなことに気をつけるべきか?を知り、良い未来を導く事ができます
  • 二者択一(右か左かの判断)に迷った時には心強い占術です
  • 深堀りせずとも、あなたの問題点を知る事ができ、解決策を導く事ができます
  • 具体的な相談内容であるほど、より明確な回答を導きやすくなります
  • 状況の変化、成長に合わせて、正しい努力の方向性を確認していく事ができます
  • 現在のあなたの立場、周囲の状況、影響する過去などを総合的に確認できます

ポイント その他の占術が得意とする分野

占いの毒にやられないために、こんな占い師には相談しない【チェックリスト】
  • 方位、引っ越し時期、生まれ持った性格と相性:九星気学(きゅうせいきがく)
  • 運が良くなる環境、インテリアなど:風水(ふうすい)
  • 特性と将来の行動計画:西洋占星術(せいようせんせいじゅつ)。
  • 一生の運勢を判断するなど:紫微斗数(しびとすう)
  • 生まれ持った性格と相性、婚期など:四柱推命(しちゅうすいめい)

 

私は、タロット以外にも九星気学を使って鑑定をする事ができ、植物や花、インテリアの配置を使った開運方法をお伝えする事ができます。しかし、占い師としての活動を慎み、基本的には、タロットをカウンセリングやコーチングをさせていただくためのツールとしてのみ使用をしているのには理由があります。それは、相談者と自分を「占いの毒」から守るためです。いつのまにか相談者をコントロールしてしまい、自分を錯覚して、自分がおかしくなっている事に気付かなくなってしまう事を最も恐れているからです。

どんな内容でも占う事自体は可能です。しかし、占い師は神仏ではなく人であることを忘れてはいけません。人の生死や転変地変など、人が到底知り得ない事まで何でも伝えようとしたり、知ろうとする事は慎むほうが良いと言えるでしょう。あなたはその人の何を信じて相談をされますか?相談相手のチェックと相談前の準備をされたら、次はいつまでも一人で悩みを抱えずに、早目に相談をされ、前に進んでくださいね!
 

個別相談等の詳細はこちら
 

ポイント こんな占い師には相談しない~毒にやられないために・コラム

Copyright(c) outbound-tokyo All Rights Reserved.